【銀魂かぶき町大活劇】キャラクター紹介【本城狂死郎】…

ByJWBV4CUAAXyqr

 

本城狂死郎

ホストクラブ『高天原(たかまがはら)』のオーナー兼No.1ホスト

上京した後、幾度もの整形で顔を変えた青年(元の顔は濃い印象でタラコ唇が特徴)
親からもらった顔を捨ててまで女性からお金を頂戴する己を恥じ、「母に顔向けできない」と思い込み、自分を探しに上京してきた母の前でも他人のふりをした
しかし、箸の使い方の癖から母には正体を見破られており、それでも自分に気にかけている態度に涙を流した


ホストの仕事には誇りを持っているがそれだけに悪い部分も熟知しており「ホストになる人間は親に顔向け出来ないことを必ずしている」という主旨を断言したほど
勘吉が迷惑を掛けた侘びとして男である銀時や新八なども店に招待するなど、気前の良い一面もある


かぶき町四天王編では高天原のホストと共に、銀時達の助っ人として戦線に加わった
溝鼠組のヤクザたちを容赦なく切り捨てるなど剣の腕は立つようだが、立ち位置が微妙なあずみを始めとするかまっ娘倶楽部の従業員達には玩具の刀を使って配慮していた(本人曰く『ホストが斬っていいのは女性だけ』らしい)


アゴ美ことあずみの解説によると彼は対オカマ用暗殺剣「百須斗神剣」の使い手らしく、あずみの習得している拳法「加魔仙流」とは因縁の関係にあることが彼女の口から明らかになるが、狂死郎本人はこのことを「いやすいません しらないです」で片付ける
戦争終結後は西郷達かまっ娘倶楽部従業員に気に入られているが本人はかなり困惑している様子






関連記事

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インフォメーション

当サイトは
バンダイナムコの配信スマホゲーム、銀魂かぶき町大活劇の攻略まとめ情報など、プレイヤーを助ける情報から、おもしろ情報ネタまで、幅広く発信するサイトです。
掲載画像や、掲載情報等に問題がある場合は、ご連絡ください。


TWITTER